飲むだけでできる糖対策!

グラシトール
テレビ朝日『報道ステーション』でも紹介。

コーヒーとの付き合い方

「コーヒー 血糖値」などで検索すると、たくさんの情報が出てきます。
血糖値に悪影響を及ぼすの、それともいいの? そんな疑問が出てきますよね。

 

「コーヒーが好きだと、糖尿病(第2型。生活習慣によるもの)になりにくい」
「愛好家は、糖尿病になる可能性が低くなる」
というプッシュ派。

 

対して
「いや、糖尿病患者だけど、止められた」
「インスリン濃度が落ちる。だから糖尿病持ちは飲んではいけない」
という反対派。

 

いったいどっちが正しいのでしょう?

 

結論から言えば、上の4つは全て正解です。
糖尿病になるリスクを抑えるのは本当ですし、
糖尿病患者に悪影響を及ぼすのも本当です。

 

一見するとこれは非常に奇妙な事のように思われます。
リスクを抑えるのに悪影響ってどうして? 
という素朴な疑問が頭をもたげるでしょう。

 

糖尿病予防には効くけれど、糖尿病の人には勧められない。
その理由を見ていきましょう。

 

昔から、カフェインは脂肪の燃焼を高める効果があるのではないか、
と言われてきました。

 

コーヒーを飲む習慣の全く無い人と、3〜7杯以上飲む人では、
糖尿病になる確率が34%〜50%も違うという研究結果がオランダで報告され、
大変話題になったものです。
しかもこのパーセンテージは、杯数があがればあがるほど上昇するのです。

 

もっとも現段階では、カフェインが効果的であるのか、
それともほかの成分によるものかは判明していません。
カフェインが有効だという説が多いですが、マグネシウムなどの効果ではないか?
と唱える説もあります。

 

この別説も傾聴に値します。
なぜなら、玉露などの方がずっとカフェイン含有量が多いからです。
もちろんコーヒーの方が世界的に流通しているから結果が出やすいという事は
ありますが、どの成分が作用しているのかは研究結果を待つ他ありません。

 

しかしカフェインであれ他の成分であれ、「予防」に有効なのは事実です。

 

対して糖尿病を患った人の場合、付き合い方を考える必要があります。
予防の段階とは対照的に、罹患済みの人にとっては悪影響を及ぼすからです。
コーヒー4杯分と同じカフェイン量の錠剤を処方したところ、平均血糖値がなんと
8%も上昇した、という研究結果があります。

 

これには、「ブドウ糖取り込みをカフェインが邪魔しているからではないか」
「アドレナリン(血糖を上昇させる)を放出する成分が含まれているのでは?」
という説明がなされています。

 

「予防には効果的、でも糖尿病になったら逆効果」。
そう認識して、付き合っていく必要がありそうです。


 

 

薬いらず!健康的に治せる糖尿病改善マニュアル売れ筋ランキング

血糖値

 
血糖値
【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)の特徴
2008年からほぼ毎月売上ランキングトップを走る、日本一売れ続ける糖尿病改善マニュアル。日本食養の会会長・藤城博氏が教える健康的に糖尿病を改善する特別プログラムとは? 全額返金保障付き。
 
 
血糖値
糖尿病改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」糖尿病改善プログラムの特徴
医療ジャンル1位の糖尿病改善DVD。数多くの著作を持つ糖尿病治療のエキスパート・青坂一寛氏が教える糖尿病改善メソッド。全額返金保障付き。
 
 
血糖値
【荒木式】糖尿病改善プログラム〜インスリンも薬もやめられた画期的な食事法〜の特徴
『今までの糖尿病治療は間違いだらけだった…』崇高クリニック院長荒木裕氏監修の極秘プログラム。安心の全額返金保障、メールサポート付き。