飲むだけでできる糖対策!

グラシトール
テレビ朝日『報道ステーション』でも紹介。

バナナの嘘ほんと

「バナナを食べるとインスリンの働きがよくなる」
「血糖値コントロールにも役立つ」
「朝食に取るといい」
「いや、果物は甘いからあまり良くない」

 

バナナと血糖値、糖尿病の関係を調べると、色んな説がでてきます。
いったいどれが正しいのでしょうか?

 

まず成分からみていきましょう。果糖やデンプンを多く含み、栄養価が高いです。
ポイントは、単純糖質である果糖と、複合糖質であるデンプンを
あわせもっている、ということ。

 

単純糖質はすぐに脳や細胞に栄養を運びます。砂糖などがいい例ですね。
低血糖に陥ったときに口に含むと効果的な、即効性のある糖質です。
対して複合糖質は、玄米などに代表される「腹持ちのよい」糖質。
吸収までに時間がかかり、胃にとどまります。

 

この二つの成分を持っているので、即効性と持続性、
両方をかなえられるという点では、バナナは非常に有用だと言えます。
他の果物はほとんどが単純糖質ばかりで持続性がないからです。

 

ですが、だからといって劇的な効果がある訳ではありません。
同じ成分を持つものでしたら互換が可能だからです。
加えてバナナはカロリーが高く、とりすぎは血糖値を上げる原因になります。

 

単体ダイエット、単体コントロールはもってのほかです。
人間は一種類だけの食べ物を大量に摂取する事は難しいので、
「どれだけたくさん食べてもいい」となっていても、結果的にはそんなに
たくさんは食べれず、総摂取カロリーは少なくなります。

 

ですが単体でのコントロールは、メリットよりもデメリットの方が大きいです。
特に、糖尿病の合併症の一つである腎臓障害には大変な悪影響を及ぼします。
バナナはカリウムの含有量が高いのですが、腎臓が悪いとこれを排出できません。
体内に蓄積したカリウムは、不整脈や心臓の痙攣を呼び込んでしまいます。

 

「これを食べれば大丈夫」というものなど、存在しません。
何か一品に頼って血糖値コントロールをするのは避けましょう。


 

 

薬いらず!健康的に治せる糖尿病改善マニュアル売れ筋ランキング

血糖値

 
血糖値
【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)の特徴
2008年からほぼ毎月売上ランキングトップを走る、日本一売れ続ける糖尿病改善マニュアル。日本食養の会会長・藤城博氏が教える健康的に糖尿病を改善する特別プログラムとは? 全額返金保障付き。
 
 
血糖値
糖尿病改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」糖尿病改善プログラムの特徴
医療ジャンル1位の糖尿病改善DVD。数多くの著作を持つ糖尿病治療のエキスパート・青坂一寛氏が教える糖尿病改善メソッド。全額返金保障付き。
 
 
血糖値
【荒木式】糖尿病改善プログラム〜インスリンも薬もやめられた画期的な食事法〜の特徴
『今までの糖尿病治療は間違いだらけだった…』崇高クリニック院長荒木裕氏監修の極秘プログラム。安心の全額返金保障、メールサポート付き。