飲むだけでできる糖対策!

グラシトール
テレビ朝日『報道ステーション』でも紹介。

正常値、どこからどこまで?

高すぎると糖尿病を招いてしまう血糖値。
ではこれの正常値とはどこまでを言うのでしょうか?

 

まず、血糖値の計り方は二つあります。
空腹時に計るものと、食後2時間で計るもの。
どちらの計測方法をとるかで、正常値は変わってきます。
栄養を取り込んだ食事の後は、当然血糖値があがりますからね。

 

空腹時の血糖値として正常なのは、〜110mg/dl未満。
特に100mg/dl以下ならば問題ありません。110mg/dl未満は正常高値です。

 

食後2時間の値ですと、140mg/ml未満です。
直前の食事内容によって変わる為、正常高値は存在せず、
ざっくり「正常型」と分類されます。

 

ただし、空腹時の血糖値が100mg/dl〜110mg/dlの人は、要注意。
食事の後は140mg/dl以上になる可能性があります。
これは境界型糖尿病、いわゆる「糖尿病予備軍」の値にひっかかります。
100mg/dlを超えていた場合、念のため医師の受診をうけるのがよいでしょう。

 

より正確な値を出せるHbA1c(ヘモグロビンA1c)を出す方法もあります。
これは過去1〜2ヶ月の平均血糖値から算出される値であり、
直前の食事に影響される「血糖値」に比べて正確性が高いのです。

 

この値ですと、正常値は6.5未満。望ましいのは5.8未満です。
血糖値における「境界型」は6.5〜8.0未満。
これ以上の高さで糖尿病と判断されます。

 

しかし数字を羅列しても、なかなか実感がわかないもの。
ただ、「ここまでが大丈夫で、ここからが危ないんだ」と理解しているだけで、
生活習慣に気をつけるきっかけとなります。
それこそが一番大きな予防方法なのです。


 

 

薬いらず!健康的に治せる糖尿病改善マニュアル売れ筋ランキング

血糖値

 
血糖値
【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)の特徴
2008年からほぼ毎月売上ランキングトップを走る、日本一売れ続ける糖尿病改善マニュアル。日本食養の会会長・藤城博氏が教える健康的に糖尿病を改善する特別プログラムとは? 全額返金保障付き。
 
 
血糖値
糖尿病改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」糖尿病改善プログラムの特徴
医療ジャンル1位の糖尿病改善DVD。数多くの著作を持つ糖尿病治療のエキスパート・青坂一寛氏が教える糖尿病改善メソッド。全額返金保障付き。
 
 
血糖値
【荒木式】糖尿病改善プログラム〜インスリンも薬もやめられた画期的な食事法〜の特徴
『今までの糖尿病治療は間違いだらけだった…』崇高クリニック院長荒木裕氏監修の極秘プログラム。安心の全額返金保障、メールサポート付き。